俺のジャピコレ〜鮮蝦雲呑麺加牛腩

中国香港のプリッと麺

海鮮香るエビワンタン

バーリン的中国ソウルフードといえば、やはり麺。今回は、広東省や中国香港でよく食される雲呑麺を食べに、中国香港料理店「老査牛什粉麺」に来たで。

エビワンタン入りの「鮮蝦雲呑麺」(35元)に、牛ヒレ肉の煮込み「牛腩」(8元)をトッピング。雲呑麺は、麺の中に卵が練り込まれ、細く縮れて歯応えのしっかりした麺なんや。エビワンタンはプリップリとしとるし、スープは海鮮系であっさり。男性がガツンと食べるには物足りへんから、お好みで牛モツ「牛什」(8元)や肉団子「牛丸」(6元)なんかを加えるのがグッドやで。やや甘めに煮込まれた「牛腩」は、箸で持つだけでスゥッと崩れるんや。タレもスープに溶け込んで、ウマさ倍増。ほかにも汁なし麺「老査牛什捞麺」や「炸醤捞麺」(各37元)もオススメやで。

サイドメニューの「南乳猪手」(50元)や「炸魚皮」(18元)もおいしそうやから、次回は同僚を誘って来るかな

Info

店名  老査牛什粉麺(ラオチャー)

住所  思南路30号(×南昌路)

TEL  6373-2930

営業時間  11時~24時

席数  約12席

予算  30元~

~上海ジャピオン2020年5月8日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP