お医者さんの御用達〜「海水鼻腔保護スプレー」

日常生活での鼻メンテに

――小学生の息子が、寝起きに鼻が詰まっているようです。鼻水自体は少ないのですが、鼻呼吸がしにくそうです。

 

先生 寒い季節には鼻腔の乾燥、風邪や通年性アレルギー性鼻炎による鼻詰まりなどの症状が現れやすいです。そんな人は「海水鼻腔保護スプレー(生理性海水鼻腔護理噴霧器)」を使用しましょう。

 

――鼻炎スプレーは嫌がるのですが、こちらは刺激はどんな感じですか?

 

先生 こちらは名前に海水が付いているように、塩分濃度が人体に合わせて調整してあるので痛みやヒリヒリ感がなく、子どもでも安心して使えますよ。起床時の利用は、就寝中に乾燥してしまった鼻の中を潤すことができますし、スプレー後に鼻をかむことで鼻腔内の掃除効果が期待できます。鼻血時や鼻の中がかゆい時にも適していますよ。

 

――子どもも使いやすそうでホッとしました。

 

先生 副作用もほぼないので長期利用が可能です。1回当たり1~4プッシュ、1日2~6回が目安。鼻詰まりで口呼吸になるとのどの乾燥、違和感、痰が伴うことも多いので、個人の様子にあわせてください。症状が緩和せず、鼻水が透明から黄緑色へと変わったら、専門機関を受診してください。

 

~上海ジャピオン2020年1月17日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP