お医者さんの御用達~ササクサ

暑い日にササクサ涼茶

――突然気温が高くなった日に、オフィスが暑くて、身体が熱っぽくなってしまいました。

先生 体温調節機能が追いつかず、身体に熱がこもってしまったのかもしれません。この「ササクサ涼茶(淡竹叶凉茶)」を飲んでみましょう。

――どのような植物ですか?

先生 ササクサは、葉の見た目はササに似ていますが、ササとは異なりイネ科の植物です。実にトゲがあり、服に付くとなかなか取れない〝ひっつき虫〟として有名ですね。お茶として飲用すると、暑い時の口の渇きや不快感を鎮められます。ほかにも、フラボノイドや生物活性多糖体が多く含まれており、抗活性酸素作用や抗酸化作用、コレステロールを下げる働きがあります。研究によると、解熱、利尿、細菌抑制作用があるとも報告されています。

――お茶の作り方を教えてください。

先生 材料は、ササクサ10㌘、オオバコ10㌘、クコの実10㌘、氷砂糖適量、水2㍑です。ササクサ、オオバコ、クコの実を洗った後、2㍑の水で30分間煮出します。その後濾過し、適量の氷砂糖を加えたら完成。ササクサは身体を冷やす性質があるので、夏日に飲みましょう。胃腸機能が弱い人や、慢性的に下痢をしている人が飲用する場合には、注意が必要です。

~上海ジャピオン2021年4月9日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP