上海就職レポート 就職状況は楽観視

上海万博集団が近日発表した、上海の就職に関する報告
によると、市の就職状況指数が昨年より7ポイント高い
72に達し、「楽観」のボーダーラインの70をクリアしていた
ことが分かった。
しかし給与面では、学生側が期待する額と企業側が支払
える額には、月500元の差が存在。
学生においては、月給で3000~3500元を望む人が28%と
最も多かったが、企業側では、月2500~3000元支払える
が24・4%で最多となった。
(8月14日)

~上海ジャピオン8月19日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP