産休中の社員に無理難題 家具会社が事実を認め謝罪

上海市内の家具店に勤務する女性が最近、産前産後休暇中に上司から毎日手書きで1時間に600字のレポート作成を要求されたとSNS上で暴露。これを受け同店は8月27日(木)、ミニブログ「微博」上に謝罪文を公開した。
指示書によると、この会社の人事部はこの女性社員に対し〝授乳期間の視力の低下を考慮〟して手書きでレポートを作成させ、誤字1文字につき50元、文言の重複に100元、提出の遅れに500元の罰金を科していた。女性社員は精神的圧力を理由に契約解除を申し入れ、会社側は謝罪と産休期間の女性の給与支払いを決定した。

~上海ジャピオン2020年9月4日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP