飼って食べて集めて ヘビ三昧

423-feature-v1

423-feature-v2

ペットとしての魅力
ニョロリと地を這う姿や、
毒をもつことから、怖い印象が強いヘビ。
しかし、1度じっくりと彼らの顔を眺めてほしい。
つぶらな瞳に艶やかな皮膚。
次第に愛らしく見えてはこないだろうか。
近年日本では、ヘビをペットにする人が
増えているという。
その理由は、多くの爬虫類に欠かせない
紫外線の照射が不要で、
1種類のエサを週1、2回
与えるだけと飼いやすいため。
加えて、ストライプや斑など多様な斑紋に、
色のバリエーションも豊富。
各々が持つ個性的な模様に、
コレクター魂も燃え上がる。
しかも慣れれば、手に乗せて触れ合う
「ハンドリング」も可能に。
滑らかな身体が指に絡む感触に、
ヤミツキになる人も多い。

初めてのヘビ飼育
初心者向けには、丈夫で適応能力が高い
コーンスネークが有名。
成体でも体長平均1㍍、太さ4㌢と小型で、
赤やピンクなどキュートなカラーも多いため、
女性も手を出しやすいだろう。
また現在、ペット用で最も人気があるのは、
幾何学模様が美しく、
ずんぐり体型が愛嬌たっぷりのボールパイソンだ。
以前は、拒食しやすく玄人向けと言われたが、
現在ショップで扱う個体はほぼ餌付け済みなので、
〝ファーストヘビ〟にもオススメしたい。
飼育に最低限必要なものは、
ケージと床材、ヒーターに水入れの4点。
ヘビが身を隠すシェルターや
温度・湿度計もあればなおよし。
エサは、ほぼ100%マウスを使うため、
冷凍マウスの解凍や、活マウスを与えるのは
抵抗があるかもしれない。
しかし、この世は弱肉強食。
ヘビとの生活は、我々に
自然界の掟を思い起こさせてくれる。

【info】
Wild―Amazon
住所 曹楊路520号西宮花鳥市場
B―24号(×中山北路)
TEL 136-0183-4008
営業時間 13時~18時

423-feature-v3

美食の国・中国。ヘビ料理の歴史は古く、
2000年以上も前から高級食材として
扱われているという。
実際、ヘビの肉は脂肪が少なく、高タンパク。
栄養豊富で、デトックスや滋養強壮といった
効能があるといわれ、
広東省など南方でよく食べられる。
では早速、魅惑のヘビ料理を紹介していこう。

①涼拌蛇皮
どこかパリッとした食感の
ヘビ皮を薄く剥いで、香草やニンニク、
ゴマ油で和えた、定番の前菜。
香りの強い食材と合わせて、
濃い味付けを施すため、元々淡白な
ヘビ肉の味はほぼ感じられない。
見た目にもあまりヘビらしさはないので、
ビギナーにオススメ。

②青梢蛇火鍋
上海市内にあるヘビ料理店では、
火鍋をメインとしたものが多い。
注文の際は、鍋の具材として
ヘビ肉2㌔以上を頼むと、
ヘビの骨からダシをとったスープが無料で付く。
このスープが、飲み口はあっさりしているのに、
コクがあって味わい深い。
またヘビ肉は、骨が綺麗に抜かれていて食べやすく、
筋肉質で締まった歯ごたえ。
味は、微かに独特の香りがあるものの、
白身魚と鶏肉の中間のようで、かなり淡白だ。
とにかくスープがおいしいので、
肉団子や野菜、豆腐など、好みの具材と併せて
お腹いっぱい満喫しよう。

③蛇肉煲飯
広東料理の1つである、土鍋炊き込みご飯。
醤油ベースのしっかりした味付けで、
ほんのりと甘い。
細切れにされたヘビ肉が全体に散らばっているため、
プチっというヘビ皮の食感が楽しめる。

④紅燜大烏梢蛇
解毒作用があり、特にじんましん治療に
効果的とされる烏梢蛇。
これを醤油でトロトロ煮込んだもの。
勢いよくかぶりつくと、
まるで柔らかいゴムを噛んだかのような食感に驚く。
分厚くプリプリの皮は、コラーゲンたっぷりで、
女性にうれしい一品だ。

⑤川貝氷糖炖蛇胆
ヘビの肝をつぶし、氷砂糖、
ユリ科の植物の球根を乾燥させた生薬
「貝母(バイモ)」と一緒に弱火で煮込んだスープ。
一般的に、肝は苦みが強いが、
ヘビの肝もその例に漏れず、かなりのもの。
しかし、このスープには氷砂糖が溶け込んでいるため、
苦みと甘みが混じり合う不思議な味に仕上がっている。
貝母はよく咳止め薬として使われ、
ヘビの肝は消炎効果や熱を冷ますと言われる。
風邪を引きやすい人は挑戦してみては。

423-feature-v4

⑥椒鹽大王蛇
大王蛇とは、日本各地に生息する
アオダイショウと同属に分類されるヘビのこと。
またの名を臭蛇(シュウダ)といい、
悪臭で知られるが、下処理のおかげで
臭みは全く感じられない。
この料理では、骨付きヘビ肉を
高温でサックリと揚げ、塩胡椒でほどよく味付けた。
骨付きで少々食べにくいが、
ヘビ料理の特徴とも言える皮を取り除いてあるため、
ヘビ食入門者にちょうどいいだろう。
ビールとの相性◎。

⑦生炒蛇雑
下味をつけず、ヘビの皮を
肉やセロリなどとともに炒めた一品。
素材の味を活かした調理法で、
全体的に薄味であっさりとした仕上がり。
皮の弾力ある歯ごたえがアクセントになっている。

【info】
潮汕荘
住所 大渡河路1625号(×北石路)
TEL 5280-6769
営業時間 17時~翌5時

霖霖小館
住所 幸福路115号(×法華鎮路)
TEL 6283-5793
営業時間 11時~14時、16時半~23時

423-feature-v5

423-feature-v6

~上海ジャピオン2013年2月22日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP