続・筆談の落とし穴~vol.151「手短」は差別に当たる?

説明しよう!

日本語の「手短」とは「簡潔」や「てっとり早く片づける」といった意味があり、物理的に「手が短い」ことを指すものではない。

筆談中山本さんは、よかれと思って、長電話を早く終わらせて、会議に出席するよう張君を急かしたかった。しかし張君は「手短」の文字を見て、自分の身体的特徴をけなされたと誤解したようだ。山本さん!日本でも同じだが、外見の特徴をあげつらうのは中国でも好まれないので、表現には注意しよう。

 

~2019年1月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP