続・筆談の落とし穴~vol.151「手短」は差別に当たる?

説明しよう!

日本語の「手短」とは「簡潔」や「てっとり早く片づける」といった意味があり、物理的に「手が短い」ことを指すものではない。

筆談中山本さんは、よかれと思って、長電話を早く終わらせて、会議に出席するよう張君を急かしたかった。しかし張君は「手短」の文字を見て、自分の身体的特徴をけなされたと誤解したようだ。山本さん!日本でも同じだが、外見の特徴をあげつらうのは中国でも好まれないので、表現には注意しよう。

 

~2019年1月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP