上海の医療 記事

お医者さんの御用達~「コンプレッサー式 ネブライザー」

570お医者さん-1

570お医者さん-2

喘息やのどのイガイガに

――季節の変わり目、子どもの喘息発作が起きないか心配です。夜中ですと、病院に行くことも難しいですし…。

 

先生 喘息発作はいつ起こるか予測が難しいですが、発作が起こったらすぐ対策をしてあげたいですよね。万一に備え、持ち運びができるネブライザがあると安心です。

――自分で子どもに薬を吸入させるとなると、ちょっと自信がないのですが…。

 

先生 このネブライザはコンパクトで軽く、附属のマスクも子ども用です。音が小さいので、小さなお子さんでも驚かず、スムーズに吸入してくれますよ。

――なるほど、それなら私にもできそうですね。

 

先生 持ち運びができるのが便利ですね。体調が崩れやすい、お出かけ時や旅行の際にも携帯し、お子さまのケアをしてあげてください。

――わかりました! ネブライザはほかに、どんな時に使えばいいのでしょうか?

 

先生 お子さんの痰が絡んで出にくく、呼吸が苦しそうな時は、ネブライザに生理食塩水を入れ15分ほど吸入させましょう。のどが潤い、痰が出やすくなります。ただし、きちんとした治療が必要な場合があるので、早めの受診をオススメします。

 

 

 

 

 

570お医者さん-3

~上海ジャピオン2016年03月11日発行号

 

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。