お医者さんの御用達~キュウリ

のどの潤いにキュウリ

――私は季節に関わらずのどがガサガサしやすいのですが、のど飴は苦手なのです。何かほかのやり方でのどをいたわる方法を教えてください。

 

先生 のどの痛み、慢性的咽頭炎、よく喋りのどが疲れやすい人にオススメしているのが「キュウリ」です。

 

――キュウリですか!普段から親しんでいる食材で意外でした。

 

先生 キュウリには、ビタミンCをはじめアミノ酸が豊富。アルギニンやグルタミン酸、アラニンも含まれています。また漢方的には〝涼〟に属し、熱や腫れを取る作用があると言われています。精神安定や若返りの効果も見込めるほか、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれており、脂肪の代謝を促進。ダイエットに関心がある人にも向いているんですよ。

 

――す、すごく多岐に渡る効果があるのですね!

 

先生 キュウリに含まれる酵素は熱に弱いため、生で食べるのがよいでしょう。サラダにして食べる時には、皮を全部剥いてください。ヘタ近くの苦味がある場所の摂取も◎。ハチミツを少し混ぜ、フルーツ代わりにしてもいいですよ。1日100㌘ほど、長いキュウリ3分の2を目安に食べてみてください。なお、下痢をしやすい胃腸の弱い人、肺が冷えやすいタイプの人は、摂取量を抑えてくださいね。

 

~上海ジャピオン2019年3月15日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP