上海のニュース 記事

映画や芝居観賞に毎週3時間 北外灘に露天博物館建設へ

上海社会科学院社会学研究所は6月26日(月)、上海市民の余暇活動を調査した「上海民生民意」を発表。6割以上の市民が、毎週3時間以上を映画や芝居観賞、公園散歩に充てていることがわかった。

また調査では、上海中心部に住んでいる市民よりも、郊外に住んでいる市民の方が余暇の時間が長いことが判明。ほか6割の市民が、商業文化施設の入場料を高いと感じていることがわかった。

一方虹口区の北外灘滨江緑地では最近、露天博物館の建設を開始。600㍍のガラスの壁越しに、彫像などを展示すると言う。

 

~上海ジャピオン2017年6月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。