上海のニュース 記事

中秋節の月餅に変わり種登場 カエル肉やアワビ入りも

上海市の各食品店では10月4日(水)の中秋節に向け、同日に食べる「月餅」の販売を開始。市内の老舗食品店「上海第一食品商店」ではカエル肉入り「酸菜牛蛙」やアワビ入り「鮑魚鮮肉月餅」、老舗広東料理店「新雅粤菜館」ではエビチーズ入り「大蝦芝士鮮肉月餅」などが発売されたことがわかった。

月餅はアズキ餡やブタ肉の餡が定番だが、近年は趣向を凝らしたものが登場。変わり種の月餅は1個8~15元ほどで購入できると言う。月餅は例年8~9月、特に中秋節の1週間前に販売のピークを迎え、最大8~10時間待ちになる。なお「哈爾滨食品商店」では、今年から事前予約を受け付ける予定。(8月1日)

 

~上海ジャピオン2017年8月4日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。