上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~韓滔

suiko_v01

ゆかりの地 河南省周口市淮陽県
あだ名   百勝将
職業    騎兵軍将校
宿星    地威星

河南省開封市出身。陳州(現河南省周口市淮陽県)で民兵軍団の司令官を務めていた時、朝廷からの招聘を受け、梁山泊討伐軍に加わる。戦の最中に生け捕りにされたところを、宋江らに説得され、仲間入りする。入山後は、呼延灼(こえんしゃく)や秦明(しんめい)の副将を務めた。

suiko_v02

戦歴豊かな常勝将軍
呼延灼、秦明を支える

韓滔は宋の都城・開封府の軍人。「棗木槊(そうぼくさく)」なるナツメの木で作った矛を得物とし、若くして武官登用試験の武挙(ぶきょ)に合格するほどの腕前だった。

韓滔が陳州で民兵軍の司令官を務めていた時のこと。宋の将軍・呼延灼の推挙で、梁山泊攻めの先鋒に抜擢された。話を承諾した韓滔は早速、梁山泊に向かった。韓滔は呼延灼とともに、騎兵を鎖で横につないで突撃させる戦法・連環馬(れんかんば)で梁山泊に大勝。しかしながら、梁山泊の計略にかかり、韓滔は捕らわれてしまう。処刑を覚悟した韓滔だったが、宋江に説得され、梁山泊入りを決意。

suiko_v03
梁山泊の志「替天行道」の文字が書かれた旗を背負い、奮闘する韓滔

入山後は騎兵軍で活躍する。北京(ほっけい、現河北省邯鄲市)攻めでは、猛将・秦明(しんめい)の副将を務め、秦明と北京の将軍・索超(さくちょう)が戦って決着がつかないところを見て矢を放ち、索超の左腕を射るなどの活躍を見せる。最期は方臘の戦いで戦死。呼延灼や秦明を立派に支え、百勝将の名の通り、勝利に常に貢献した。

韓滔が滞在していた河南省周口市淮陽県。伝説では、中国神話に登場する神・伏羲(ふっき)がこの地に都を置き、繁栄させたという。戦の神のような戦いぶりをした百勝将・韓滔は、この地から梁山泊に旅立った。

suiko_v04

アクセス】

①上海虹橋空港/浦東空港から空路にて、新鄭国際空港まで約2時間
②上海駅から周口駅まで、快速列車で約13時間、硬席112元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年11月7日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。