上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道320号④

617ゴーイング-1

617ゴーイング-2

水滸伝に登場する山

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。江西省に入って2日目、これまでも数多くの自然を見てきたけど、オレの中ではナンバー3にランクインするほどキレイな場所だ。もうすぐ3月、寒さのピークは越えたから走りやすくなったぜ。

江西省中部に位置する鷹潭市に到着。まずは中国歴史小説「水滸伝」の中で描かれた名山、龍虎山を見に行かないと。この山は「丹霞(たんか)地形」と言って、中国南部に多く見られる切り立った断崖がすごくて、赤い堆積岩が突き出した地形をしているんだ。うへ~、ザ・絶壁だ…。これぞまさしく「見上げる」という動詞がピッタリ、首が疲れるほどの急角度だな。

さあ、メシだメシ。まずは特産の「貴渓捺菜」から。干した野菜を、塩や唐辛子、ニンニクなどで漬けた前菜…うん、ピリッとした味付けで、白米がほしくなるな。おばちゃんご飯もちょうだい!それと干しナス「余江茄子」も頼んでっと、なんだかヘルシーな昼食になったな(笑)。

 江西省の方言に困惑

さらに西へと進んで、余江県に突入だ。ここ江西省では方言「赣(がん)語」が話されているんだ。中国七大方言に数えられていて、その話者は世界で38番目に多いんだって。声調は7つあるらしい…標準語の4つでも苦労しているのに、その倍近くの数とか、絶対聞き分けられないぜ。

この県一帯は信江って河が流れているんだけど、夕日が反映していてキレイだな。ここからもっと北に行くと、中国で最大級の淡水湖「鄱(は)陽湖」があるから、行ってみたかったな…。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

617ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年2月24日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。