名句up↑↑マンダリン~イマヌエル・カント

meiku_v01

解説

ドイツ古典主義哲学の祖とされているカント。

『純粋理性批判』を始めとした3冊の批判書を執筆し、後の西洋哲学全体に強い影響を及ぼした。

 

今週はそんな彼の名言から、接続詞「以及yi3ji2(および、ならびに、また)」を紹介しよう。

「A以及B(AおよびB)」の形が基本で、

「何時以及誰去好呢?(いつ、誰が行けばいいのだろうか?)」や

「他会做中国菜以及世界各地的菜(彼は中華料理や世界中のあらゆる料理を作ることができる)」のように、

同じ品詞の単語を並列する時に用いる。類義語は「和」、「与」など。

~上海ジャピオン2014年9月19日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP