長江に住む巨大ザメ 専門家が絶滅を発表

中国水産科学研究院長江水産研究所らは最近、中国の華中地域を流れる長江に生息するハシナガチョウザメの絶滅を発表した。

ハシナガチョウザメは体長7㍍、体重5000㌔にまで成長するといわれる巨大魚。2003年以降一度も捕獲されていないことから、絶滅が危惧されていた。同研究所は、このサメは人工繁殖が難しく、水質の変化や乱獲に耐えられずに、05年~10年の間に絶滅してしまったと推測している。

長江ではほかにも、カラチョウザメなどの固有種が絶滅の危機に瀕しているという。

 

~上海ジャピオン2020年1月10日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP