行列のできる 中国お菓子屋さん

 上海市で2018年に誕生した洋菓子ブランド「蜜芝林」。アジアに溶け込む西洋文化を表現した、おいしくて健康的なスイーツ作りを理念としている。明るく開放的な店内や清潔なショーケースは好印象で、指さしでの注文もしやすい。購入方法は、量り売りや1個単位などが混在しており、少々複雑。

人気商品   

・白脱葡萄餅干

 中国菓子店では珍しい、レーズンバターサンド。「白脱」とは「黄油」と同じでバターを意味する。本来は250㌘50元の量り売りだが、巴黎春天店では1パック7枚入り、50元前後で売られていた。厚く食べ応えのあるクッキーの中心にレーズンを並べ、その両脇にしつこさを感じない品のいい味のクリームを絞った、一風変わったスタイル。おいしいのだが、もっとクリームたっぷりで食べたいと思うのは贅沢だろうか。

・氷山溶岩

 店員からオススメされた、2個入り24元の新商品。生チョコをさらに滑らかにした、ケーキを超越したクリーミー食感で、かなり美味。ミルキーなチョコレートは子どもにもオススメ。

・奶油号角

 「コロネ」(12・9元/本)は、驚くほどクリームがおいしい。中国洋菓子店のクリームといえば、こってりと甘く、胃もたれが付きものだったが、それはもう一昔前のイメージなのだろう。こちらも生地が厚くボリューミーなため、1本食べれば小腹が十分に満たされ、コスパも◎。

 

蜜芝林(巴黎春天店)

住:天山路762号1階19号

電:6093-2297

営:10時~22時

ほか店舗:中山公園龍之夢城市集市店、久光中心店、打浦橋日月光店など

 

 上海の洋風でモダンな雰囲気と、中国香港式スイーツの伝統を受け継ぎつつ、新しい中華スイーツを提案する「広蓮申」。毎日長い行列を作る人気店で、オールド上海風の看板やポップが何とも可愛らしい。なお店舗によって取り扱い商品にバラツキがあるので、事前にアプリなどでチェックするのがオススメ。

人気商品   

・女王巻

 同店の売れ筋商品で、2切れずつパックに入っており、編集班が購入したパックは17元という安さ。生地・クリームともにシュワッと軽く、甘さ控えめのやさしい味わいにビックリ! これまでの、バターがずっしり重い中華系洋菓子の概念をひっくり返すおいしさだ。

・徹打芝士酥

 ゴマが付いた皮の薄いクッキー生地に、チーズがたっぷり入った、手のひらサイズの「徹打芝士酥」(7・2元/個)。一口かじると、濃厚だがしつこくないチーズの味が広がり、何とも美味で、チーズ好きにはぜひ試してもらいたい一品だ。

・杏仁梅干菜餅

中国のしょっぱい漬物「梅干菜」が入った焼き菓子「杏仁梅干菜餅」(3・5元/個)。月餅を思わせる素朴な味わいで、伝統的な味を守りつつ、アーモンドの香ばしさが新鮮だ。なおチョコレートエクレア「哈斗」も上海のトラディショナルな洋菓子だが、同店の「哈斗」(約15元/4個)は甘いミルクチョコレートが絶品。

 

廣蓮申(北外灘来福士店)

住:東多名路999号来福士地下2階城市集市A1

携:166-0172-5913

営:10時~22時

ほか店舗:晶品店、四川北路店、静安大寧久光店など

 

 湖南省長沙市発、〝若者のための中華スイーツ〟を提唱する「虎頭局渣打餅行」。餅入りの菓子が多いのが特徴で、どれもおいしいのだが、売れ筋商品に肉でんぶ「肉松」が入っていたり、ドリアンやザリガニが入っていたりと、ちょっと日本人の嗜好とは異なる方向のものが多いのでご注意を。なお店内ショーケースにはサンプルのみが並んでおり、注文はレジでメニューを見ながら一括で行う。

人気商品   

・双層麻薯盤撻

 よく見るエッグタルトの高さが2倍に伸びたような商品で、底にはトロッとした餅が入っている。ずっしりと手に重く、ぶ厚いタルトと甘い生地、水分多めのサラリとした餅が口の中で混ざり合い、濃厚なハーモニーを奏でる一品。

・純乳酥酥泡芙

 サクサクのクッキー生地に、フワッと軽いクリームをインした、オーソドックスなシュークリーム。試食した同僚が思わず「うまいっ、僕も買って帰る」ともらしたほど好評だった。なお、オーダーミスで一緒に購入してしまった「榴蓮炸弾泡芙(ドリアン爆弾シュークリーム)」(7元/個)は、箱を開けずとも臭ってくる、まさに爆弾級の臭さで手を出せず…。

・親愛的老婆餅

広東省発祥の伝統的な焼き菓子である「老婆餅」。ペタッと平べったい生地の中にねっとりと甘い餡が入っており、同店の「老婆餅」(3元/個)はこれも餅入り。控えめな甘さとボリュームは、茶請けの菓子にピッタリだ。

 

虎頭局渣打餅行(環貿iapm店)

住:淮海中路999号環貿広場地下2階LG2-226室

携:131-2267-8831

営:10時~21時半

ほか店舗:中山龍之夢店、芮欧百貨店、打浦橋日月光店など

 

 江蘇省南京市発祥の中国式菓子屋「泸渓河」。原料や商品へのこだわりとリーズナブルな価格設定が、ここ数年で人気をさらに不動のものにしている。緑を基調とした店構えで、シュークリームやタルトなどの菓子がずらりと並び、ラインナップ豊富。カロリー控えめに改良した、看板のクッキー「桃酥」は500㌘で9・8元~と手頃なのも◎。

人気商品   

桃酥

今回いただいたのは、定番のクルミ入り「核桃味桃酥」(39・9元)と、新メニューのハム入り「椒麻火腿桃小酥」(59・6元/各500㌘)。両方ともサクサク、カリカリとした食感で、生地にそれぞれ材料が練り込んであるため、歯応えや味をしっかりと楽しめる。素朴な味のクルミ入りクッキーに対し、山椒とハム入りは風味豊かで、コク深い塩味+ほんのり痺れる辛さが、あとを引く!

乳酪蛋黄

強いチーズ味の餡を、蘇式月餅のようなサクサク柔らかい皮で包んである「乳酪蛋黄」(36元)。さらに餡の間には塩漬け卵が入っており、濃厚な味わいと滑らかな口当たりが特徴だ。甘さ控えめだが、餡が多すぎるせいかクリーミーな後味が喉の奥にしがみつき、さっぱりした飲み物がほしくなる…。

山楂小餅

小ぶりで、サンザシモチーフの紋様が型押しされた見た目がとにかくかわいい「山楂小餅」(21・8元/各500㌘)。果実系の香りが清々しく、爽やかでやさしい甘酸っぱさは夏にピッタリの菓子だ。中国茶やコーヒーとの相性バツグン。

 

泸渓河桃酥(黄埔凱徳店)

住:徐家匯路268号凱徳晶萃広場地下2階K08号舗

携:177-2147—8640

営:10時~22時

ほか店舗:天鈅橋路店、匯金百貨店、環球南店、合生匯店など

 

~上海ジャピオン2022年3月4日号

 

最新号のデジタル版はこちらから

https://twitter.com/shanghai_japion
PAGE TOP