お医者さんの御用達〜ドライヤー

風邪のひき始めに秘密兵器

――なんとなく風邪かな、という時の対処法があれば教えてください。

先生 頭のふらつき、のどのイガイガ、鼻水など風邪の初期症状がある時は「ドライヤー」の使用をオススメします。

――髪を乾かすためのドライヤーを、身体に吹き付けるんですか?

先生 はい、そうです。身体を温めることで免疫力がアップしますので、風邪のひき始めだけでなく、風邪予防にも効果的。ドライヤーは局部的に温めることができ、〝ツボ〟を意識することで血行をよくすることができます。東洋では「風邪は百病のはじめなり」、つまり風邪は万病のもとと考えられているので、早めの風邪予防が肝心なんですよ。

――確かにエアコンよりも、ピンポイントで温めたいところを狙い撃ちできそうですね!

先生 風力、温度を小~中程度に設定し、首の後ろにある大きなくぼみの外側にあるツボ「風池(ふうち)」や「天注(てんちゅう)」、首の付け根の中心で頚椎の最下部にある「大椎(だいつい)」などに、ドライヤーを動かしながら温風を当てます。ドライヤーを当てる距離に注意し、皮膚が熱くなりすぎないようにしてください。温めても風邪の症状が悪化していくようでしたら、早めに専門機関でご相談ください。

~上海ジャピオン2021年1月1日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP