上海の医療 記事

お医者さんの御用達~花椒

601%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-1

601%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-2 601%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-3

 

花椒の足湯でポカポカに

――急に寒さが厳しくなり、手足の冷えが気になります。また冷え性が悪化したのか、寒さで寝つきも悪くて(涙)。

 

先生 そんな時には「花椒(カショウ)」を使って、足湯を行ってみましょう。花椒を湯に加えることで、より効果的に身体を温めてくれますよ。

 

――調味料としてよく使われるあの「花椒」ですか?

 

先生 そうです。中国では古くから漢方としても利用されてきました。花椒には、体内の冷えを取り除き、血液循環をよくする働きがあるとされています。身体を芯からポカポカに温めてくれるので、冷え性の緩和が期待できます。また疲労回復、風邪予防のほか、足の消臭、殺菌、水虫予防などにもオススメですよ。〝第2の心臓〟と呼ばれるほど重要な足を温めることでツボを刺激し、血管や経路が開き代謝もアップします。

 

――花椒を使って足湯を行う場合、どのようにすればいいですか。また注意点があれば教えてください。

 

先生 花椒10㌘を40度前後の湯に入れます。足湯を行う際は、足首より上まで湯を入れてくださいね。足を浸けてから20分ほど経つと、皮膚がやや赤くなり顔が汗ばんできます。足湯は、就寝前に行うのが一般的です。ただし足に外傷がある人、生理中の女性は控えましょう。

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。